ひらけゴマ

日々の生活、旅行などを写真で紹介していきます

« ローカルニュース »

タンパの学校でワニが見つかったとの報道があり、CNN日本語版でも次のように書かれていました。

フロリダ州タンパの郊外にある中学校で、7日、1匹のワニが校舎内に迷い込んでいるのが見つかった。 タンパ警察によると、同日午前7時ごろ、地元のステュアート中学校の食堂前で、ワニがじっとしているとの通報があった。当時校内に生徒は誰もいなかったという。ワニは廊下に追い詰められ、州の野生生物保護当局が捕獲した。けが人はなかった

地元の新聞によると、このワニの大きさは2メートル以上と言う事です。でもこの中学校の場所を調べてみると、ダウンタウンの近くで、決して郊外ではありません。私の住んでいる大学あたりは、川や池がたくさんあります。先日も近くの池で、ワニが"ゴゥォー”と大声を出しているのを見かけました。なんで声をあげたのかは知りませんけれど、今はワニの繁殖期だそうです。コワッ

10 Jun 9 0

« 雷 »

最近、午後になると雷雨が来るようになりました。地元のプロホッケーチームの名称もLightningで、全米で一番雷が多いそうです。うちの大学も雷の研究をしている部署があるとか。。。

夜7時過ぎ、アパートから見えた入道雲ですが、写真撮影後すぐに、雷が見えました。なんの前振りもなく突然“ゴロゴロ”というのはやはり怖いです。

10 May 28 1

« 原油流失現場 »

LA,タンパ間の飛行機の中で、機長から、只今ルイジアナ上空の原油流失現場上空ですとのアナウンスがあると、乗客は一斉に、身を乗り出して窓から外を見ていました。

私も窓の外を見ると、沢山の船と、広範囲にわたり、茶色に濁った色の原油流失を見る事ができました。あわててカメラを取り出し撮影したのですが、焦点が飛行機の窓に合ってしまった為、この写真では流出がわかりませんね。

CNNでは、連日ライブカメラで原油流失現場から中継をしています。すでに事故発生1か月が過ぎ、湾岸の漁業問題、環境汚染も大きな問題となり、いつまでも解決がつかない環境汚染問題に対して、BPだけでなく、連邦政府に対しての非難も始まっています。今日から泥を使ったTOP Killという作戦が始りますが、ハリケーンシーズンが始まる前に、一日も早い解決が望まれます。

10 May 26 1

« 復職 »

大学は夏学期が始り夏季学期受講の学生が戻ってきました。 オフィスの私の同僚も昨年のクリスマス直前に突然退職を決意し、市内の民間企業に転職していたですが、5ヵ月ぶりに、大学に復職してきました。私が2年前にタンパに初めて来た時に、飛行場まで迎えに来てくれた人で、当初は一番お世話になった人でしたので、退職の話を聞いた時はショックでしたが、復職とはうれしい話です。

なんでも、転職先は条件がだいぶ違ったみたいで再び大学に戻る事を決めた様です。勿論オフィスの仲間も彼女の復職を喜んでいますが、日本の企業ですと、一度転職をして、こんなに簡単に元の職場にもどれましたかね。。。

10 May 20 1

« アリゾナ移民法 »

アリゾナ州で不法移民の摘発を目的とした、米国で最も厳しいとされる移民法が成立しました。新移民法は、外国人に常時外国人登録証(労働ビザや永住権カード)の携帯を義務付け、不法滞在が疑われる人物に対して警察官による職務質問を認めるという内容です。日本ではあまり報道されませんが、アメリカでは連日大きな話題となっています。

すでに、ヒスパニックがマジョリティとなっている隣のカリフォルニア州では、アリゾナ州にある会社とのビジネス取引停止とか、25%の選手が移民の人達で構成されているMLBは、法案反対の表明していますし、来年アリゾナで開催が予定されているオールスターも場所の変更等の話となっています。

アメリカは移民の国、すでに1100万の不法移民がいると言われており、彼らの労働力で、現実的には社会ができあがっている現状を考えると、この先どういう舵取りをするのか、今後が注目されます。

10 May 14 1

« PREV  | HOME |  NEXT »

ひらけゴマ PAGE TOP ▲

Search

Appendix


Links


Profile

Rays

Rays

フロリダに日本語、日本文化紹介活動で来ています

New Trackbacks