ひらけゴマ

日々の生活、旅行などを写真で紹介していきます

« 日本の若者にむけて »

内向き志向、安定志向といわれる日本の若者について、海外の大学で、世界中から来ている若者を見て感じる事を、書いてみたいと思います。

一言で言うと、日本の若者は、“世界中の同世代の若者が、より豊かな生活を送る為に競争をしている”という意識が欠けているのではないか。特に韓国、中国、インド等新興国の若者のハングリーさ、アグレッシブさを見ていると、日本が少子高齢化している中で、日本の国内市場だけを意識した教育制度、働き方では、現在の日本の豊かさを維持する事は不可能となっている事に気づいていないのではないかと思います。現実、今のアメリカでは、親の世代の豊かさを、子供の世代が味わえないといわれています。簡単に比較はできませんが、昨年アメリカの大学を卒業した学生の内、卒業時点で就職が決まっている人は、わずか19%しかいません。(彼らはブーメラン世代と言われ、大学卒業後、職がない為にふたたび親の家に戻る人を言います。)アメリカは世界的な不況で、本来ならリタイアする年齢でも仕事を続け、年寄りと若者が仕事を奪い合うという状況です。日本も同じ状況がおこりつつある状況です。日本の大学生は就職内定率80%で、就職氷河期といわれていますが、近隣の国、韓国は48%(2008年)、経済発展著しい中国でも60%を切っています。選ばなければ働けるという日本の大学生はまだまだ恵まれた状況です。

10 Jul 18 1

次に人材のグロ―バル化という波が、第二の黒船の様に日本に来ている事を、よく理解する必要があります。かつては、海外市場開拓する際、社内の英語のできる日本人に頼むとか、商社に依頼する時代がありました。現在、世界市場に飛び出し輸出比率を上げない限り、企業は縮小均衡となるわけで、ユニクロ、楽天が英語を社内公用語と発表して、日本では話題を集めているようです。日本の企業だから日本人を採用するという時代は消えつつあり、日本に来ている留学生や、海外の大学で日本語等を少しでも学んでいる学生が、日本の大学生と日本企業の就職採用で競争する時代を迎えています。同じ給与でも、英語・中国語等の、海外の拡大市場の現地語だけでなく、日本語もできるのなら、日本人である必要はありません。また、グローバル企業を目指すなら、人種、国籍の多様化(ダイバシティ)は 不可欠となっています。主要市場が海外であるなら、営業本部だけでなく、研究施設、そして本社までも海外に飛び出る時代です。

又、自分の目指している企業は内需型企業と言っている人達にも、グローバル化の波は避けられない状況です。ラーメン店、コンビニ、スーパー、農業も海外展開をしている時代ですし、水道局のインフラも海外に輸出を始めました。又日本のデパート、観光地も、日本人だけでなく、海外からのお客さんを呼ばない限りは、存続も難しい時代を迎えています。

常に大事なことは、変化を恐れないこと。過去と比較することなく、前を向いて、自分のできる最大限の努力を惜しまないこと。そして、全員が海外を目指す必要はありませんが、日本の企業で働こうと努力している海外の若者がいるということを、意識する必要はあるかもしれません。

写真は、ケンブリッジ方面から見たボストン市内の写真です。

« 所得格差と分配システム »

アメリカにおける所得格差は、日本とは比較にならない程の差があります。日本では想像ができない程立派な家や大きなクルーザを所有している人達を、フロリダの高級住宅地ではよくみかけます。一方私の住むタンパでは、失業率が12%と高い為、大きな道路の交差点や高速道路の入り口で、失業しているので助けて欲しい?と書いた紙を持つ人や、ペットボトルを道路で売っている人、これもたくさん見かけます。

只、アメリカ社会を見ていて、社会の中で所得の分配システムが自然な形で確立されているのかなと思います。所得の低い人でも、奨学金制度が充実しているので、勉強をする気があれば、奨学金を受け取り勉強する事ができます。実際、私の大学も 実に多くの学生が何らかの奨学金をもらい大学に通っています。一方、大学も州財政が厳しいのですが、個人の寄付により、建物や研究施設が作られています。

10 Jul 8 1

目加田設子中央大学教授によると
“米国の助成財団による助成金の合計額は約2兆7千万円なのに対し、日本は約600億円。個人の寄付額は、米国が23兆円なのに対して日本は220億円で、約100倍の開きがある。日米間では人口が倍以上、GNPも約3倍の開きがあるので一概に比較するには無理があるだろう。文化や風土、なにより建国の歴史・経緯の違いもある。しかし、それでも日本の寄付・社会貢献費は桁違いに低い。色々な理由があろうが、一つには寄付を促す税制が未整備という問題がある。”

これは税制だけの問題だけでなく、個人の意識の中に、日本人とアメリカ人との意識の差があるのかなと思います。大学だけでなく、日曜日に大学近くの教会に行くと、お金による寄付という事だけでなく、自分達のできる事で、社会の為に役に立てる事をしようというボランティアの精神が確立されている感じがします。

今朝のCNNでは、Alec Baldwinという俳優が、自分の資産の一部をニューヨークの大学に寄付を紹介していました。 単なる奨学金制度ではなく、後継者を養成したいとの事でした。

今の日本に必要とされているのは、寄付に伴う税制改革だけでなく、社会の構成員として、ケネディ大統領の就任挨拶でも語られている、“社会が自分に何をしてくれるのかでなく、自分が社会の為に何ができるか”という事を、一人でも多くの日本の人達が意識しながら社会生活をすれば、日本社会も大きな変化を起こせるのではないかと思います。

« 独立記念日 »

独立記念日の今日は、近くでパレードがありました。米国国旗をかざして、様々な団体が、沿道の人達に、ビーズを投げたり、お菓子をくばったりします。

10 Jul 4 1

お祭り好きなアメリカ人、パレードしている人も、見ている人達も、"Happy 4th!"と叫びながら、とても楽しそうです。夜はここでおこなわれた花火を見にいきました。日本の花火より小ぶりですが、東京よりも明かりのすくない街なので、花火も鮮やかです。

10 Jul 4 2

« ワールドカップ観戦 »

私の上司はサッカー好きなコロンビア出身のアメリカ人です。ワールドカップのアメリカ戦を応援するため、前日から大型プロジェクターを準備し、当日はドーナッツ・コーヒーを片手に、仕事を中断して、大勢で応援しました。後半ロスタイムでアメリカがゴールを決めた時には、全員大盛り上がり! この先勝ち進んで行ったら、またオフィスでドーナツを食べながら応援するそうです。。。

今日床屋へ行ったら、アルゼンチンの店員に「日本は堅実で賢いチーム」と絶賛されました。私が「アルゼンチンが優勝候補では?」と言うと、「マラドーナが11人のうちの一人だったらね」とのジョーク。 今の時期、どこに行ってもワールドカップの話題が多いこと。 日本頑張れ!

10 Jun 25 1

« World Cup »

朝大学に行くと、突然上司から"Congratulations"と、日本の勝利を祝う言葉をかけられました。日本の初戦勝利、嬉しいです!! 

海外にいると、日本に対しての気持ちが特に強くなるのか、昨年のWBCの時もそうでしたが、日本人選手の活躍、日本チームの勝利には特別な感情が湧きあがってきます。

4年前のワールドカップは、マレーシアに日本語を教えに行った時でした。ボルネオ島にある世界遺産「ムルの洞窟」近くのホテル、蝙蝠が飛び交う屋外のラウンジで、海外の人達と試合を見た事を思いだしました。次の大会はどこで見ているのだろう

大学のオフィスは、今の時期ワールドカップの各チームの勝点の表示をしています。

10 Jun 16 1

 | HOME |  NEXT »

ひらけゴマ PAGE TOP ▲

Search

Appendix


Links


Profile

Rays

Rays

フロリダに日本語、日本文化紹介活動で来ています

New Trackbacks